上の種本を使った展開図

日本の「染型紙」を独占的に生産してきた「伊勢型紙」、その型紙のデザイン及びテクニックを
職人に指図するのがこの種本です。

陰影を巧みに使った表現、竹縞は良く使われるデザイン。

この種型を使って別の型紙に摺り込み(墨の跡)その型紙を彫って染の実用型にします、
裏面の墨跡映るが内容不明
                                  紙サイズ約19×20cm

「笹りんどう」